異性とのデート時のマナーについて

結婚相談所を利用してそちらで紹介されたかたとデートすることになりますと、その時のマナーというものを考えなければいけません。マナーが分かっていないと、せっかくのデートも上手くいきません。

特に、相手の方が良いと思っても、マナーが悪ければ相手には良いと思っていただけないことも考えられます。良印象を残すためのマナーも事前に把握してください。

デート費用は男性が持つべきか

デートに費用については大きなテーマになります。

  • 男性が全額持つ
  • 男性が多めに払う
  • 割り勘にする

以上の3つの中から基本的に選ぶことになります。

基本的には“男性が全額持つ”、“男性が多めに払う”という事を行えば問題ありません。やはり男性はデート費用については、出すという事が結婚相談所でも基本になります。

ただ、仮に相手の女性との相性があまりにも悪く、次に会うことはないと判断しましたら割り勘にするのもいいかもしれません。割り勘自体は特に問題がある行為でもありませんので大丈夫です。

デートでタバコを吸う場合

10

タバコを吸っている方ですが、男性でも女性でもいます。そのマナーについて考えなければいけません。

タバコを吸っている方は、デートの最中にも吸うということが当たり前に思っているかもしれません。

しかし、タバコを吸わない方にとって、それは常識ではありません。中には煙草の匂いが苦手な方も多いです。

もちろん、吸わなければいいということでもありません。禁煙するつもりがなければ、いずれは相手の方の前で吸うことになるかもしれません。交際や結婚まで至れば自然と吸うようになります。

ですので、最低限のマナーとして、まずはタバコを吸って良いかを聞きましょう。それから、煙については相手の方にいかないように配慮してください。

以上のマナーを守ればタバコについては問題ないこともあります。

携帯電話のマナーにも注目

デート時ですが、携帯電話についても気をつけてください。携帯電話をデート中にいじられると気分を害する方もいます。自分がされたら嫌だと思うでしょう。

自分に集中していないということや、自分に気がないというアピールにとらえる方もいます。

デート中には、携帯電話に出ることもメールのチェックをすることも避けるのが無難です。どうしてもという時は、トイレに行った時に確認する程度になさるべきです。